スポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
グラビアアイドルのイメージDVD
グラビアアイドルのイメージDVD、好セールスを記録した長崎莉奈も、ギャルっぽい出で立ちとは裏腹なおっとりとした、癒し系の雰囲気をかもし出す特異なキャラクターとして注目をされ始める。グラビアでは既に4年程前からおなじみの顔であったが、「最年長グラビアアイドル」というキーワードとそれを全く感じさせぬロリ顔、華奢な体型、88センチの弾力のある豊満な胸元を大胆に露出するギミックで、深夜番組を足がかりにTVでの露出が増え始めた。

ほしのあきファンを公言し始める者が増え始め、芸人・長井秀和からは毎週のように持ちネタで「愛しのおっぱいエンジェル!!」と呼ばれ、芋づる式に人気が拡大。30歳近い年齢ながら惜しげも無く水着姿を披露して、完成度の高いグラビアを堅持、その地位を確立。彼女の活躍がグラドルの平均寿命を飛躍的に上げることになり、身体のメンテナンスを怠らなければグラビアでも活躍できる、という認識が広く生まれた。

秋山莉奈、『撮影の時に「お尻の形が綺麗だね」って言われることが多かった』と自らお尻を強調した水着写真集『楽園』をこの年の11月に発売すると、透けるような白い肌と淫靡な表情、大胆なポーズがクチコミで話題となり大ヒット。秋山は「尻ドルクイーン」という称号を貰い、他のグラドルがこれに習いお尻を強調したグラビアを続々発表、グラビア界に新しい流れを生み出した。

時東ぁみ、伊達眼鏡の萌えキャラというアニメや漫画などの2次元キャラクターを意識したギミックで、グラビアと同時並行して歌手活動を開始し、ハロプロ系ファンから熱い支持を受けた。『日テレジェニック2005』にはプラチナムプロダクションの愛川ゆず季、アバンギャルドの浜田翔子等が選出。既にグラビアではおなじみの存在であり、SUPER GTイメージガールやレースクイーンとしてサーキットでも同時に活動した。『ヤングジャンプ制コレ2005』ではグランプリをホリプロの寺田有希が、サンミュージックの福留佑子と、砂岡事務所の齊藤夢愛が準グランプリを受賞。

架空のキャラクターも製作されており、今後は更に「本物らしい質感」が追求されていく事だろう。一方で不気味の谷現象と呼ばれる指摘もあり、バーチャルアイドルを目指したキャラクターの中には、製作者の嗜好にもよって出来栄えが「かなり微妙」なものも多く見られ、その傾向は今日でもあまり変わっていない。これらは「大衆受けするためのアイドル」としては、不適切に成りかねない要素である。
アイドル水着画像 | - | -
癒し系のグラビアアイドル

癒し系グラビアアイドルは、世相が反映して生まれたものであり、近年の各メディアでも多く支持される流れにある。がこれはあくまで表面上のことであり、癒し系ならば人気が出て他は支持されない、などといった事も付け加えておく。グラビアのスタイルの違いなどは微々たるものでしかない。総じて1970年代半ばより現れ始めたグラビアアイドルは、その時代の社会的ニーズや流行によって変遷し、その時代に則した者が大きな人気を獲得している。

業界内では「若いうちは脱ぐ」「胸も顔のうち」と言われる事も多く、最初の写真集グラビア撮影時にビキニを着るのが恥ずかしくて泣いてしまったという乙葉が「水着にならなくていいアイドルは松たか子だけと言われた」という有名なエピソードも存在する。本来グラビア露出は芸能活動のほんのワンステップに過ぎず、ある一定ラインの年齢を過ぎたら、女優やタレントに転身して行く場合が殆ど。本上まなみや佐藤江梨子、眞鍋かをり等のようにグラビア経験者が、後に文才や芸術の才能を発揮しグラビアとは全く別のことで注目を浴びる場合も数多い。

浜崎あゆみや華原朋美、ZARDの坂井泉水など歌手として大成した人物の中にも過去にグラビアアイドルを経験している女性芸能人は多く存在する。しかし21世紀に入ると、自ら現役グラビアアイドルと公言し、グラビアを卒業せずにタレントや女優としての活動を並行して進める者が現れ始める。例として小倉優子、ほしのあき、熊田曜子、安田美沙子、磯山さやかなどはテレビで頻繁に出るようになっても尚、グラビア誌面でもトップとして君臨し続けている。

グラビアと他の芸能活動を並行する傾向は年々増加しており、緑友利恵、松井絵里奈、木下優樹菜などグラビアアイドルとして(もしくはその他の路線と並行して)デビューしその活動がまだ安定しないうちからテレビのバラエティ番組へと青田買いされていくケースも現れ始めている。グラビアアイドルは過去から現在においても、隆盛を極めながら、その活躍の場は多様化しているといえる。今をときめく新垣結衣のヤンジャン初登場を彷彿とさせる、nicolaのトップモデル岡本玲のヤンジャン初登場のはずです。

「日本美人大賞」入賞者から青田典子、原田徳子、藤原理恵、藤森夕子の4人で結成され、歌手やバラエティー番組などで活躍。 ユニット名はクールで高貴なイメージを持つ美人たち(COOL & CLASSY)ということで付けられた。初期の頃は「D.D.GAPS」(ディー・ディー・ギャップス)名義も使用し、1991年には同名義で歌手活動を行った。なお、1992年からは歌手活動も「C.C.ガールズ」名義に統一。その後、メンバー同士の不仲や方向性の違いから、1995年から1998年に掛けてメンバーの総入れ替えが行われ、浜野裕子、本杉美香、森洋子、山田誉子の4人による新生(2代目)「C.C.ガールズ」を確立した。

アイドル水着画像 | - | -
アイドル水着画像 堀北真希と長澤まさみ
女優としてデビューした堀北真希が長澤まさみに続く清純派の代表格として話題を呼び、水着にこそならないものの、度々グラビアを賑わせるようになる。その逆に2001年のインリン・オブ・ジョイトイや堀口としみ等から始まる極めて露出の高い水着を着たり、世の携帯時代を反映して「着エロ」というキーワードが付けられたのもこの頃である。

また、主にレースクイーンからの転出組や、お菓子系雑誌組などが挑戦して男性誌などで一つの流れを作った。CMにグラドルが起用されることも増え、特に3つの大手消費者金融CMでアーティストハウス・ピラミッドの熊田曜子、安田美沙子、夏川純がそれぞれ担当。これに続いてフィットワンの佐藤寛子、中川翔子も同系のCMに出演するようになる。

稲森いずみ、吉野公佳、木内あきら等と共に『フジテレビVQ』に選出され水着グラビアを始めるとその素質が一気に開花。俗に「雛ポーズ」と呼ばれる両腕を絞り胸の谷間を強調するポーズは、どこか子供っぽさが残る愛らしい表情と相まって、世の男性の性的欲求を大いに刺激し、これ以降の水着グラビアに1つの方向性を示したといえる。
アイドル水着画像 | - | -
華原朋美、榎本加奈子、遊井亮子、秋本祐希が選出
現在、目立った芸能活動を続けているのは、TBS系『スーパーサッカー』で白石美帆の後を受ける形で、アシスタントとして芸能界復帰した加藤と芸能人女子フットサルチーム『ミスマガジン』でキャプテンを務める鎗田彩野である。

グラビアアイドルのバラエティ番組への本格的進出が顕著になり、特にMEGUMI、若槻千夏を始めとする「芸人並に喋れて面白いリアクションができるグラビアアイドル」の出現がグラビアアイドルの裾野を広げる大きなきっかけとなった。

それまでも、グラビアアイドルから転身しテレビタレントとして成功していた例はいくつもあったが、現役グラビアアイドルの肩書きを持ちながらバラエティ番組で成功したという意味では彼女たちが先駆者といってよい。MEGUMIはさらに番組司会や女優、歌手までこなすマルチタレントとして広く認識され、近年のグラビアアイドルの最たる成功例としてマスコミに取り上げられることも多い。

キーワードは「巨乳」でプラチナムプロダクションの「軟乳グラドル」として売り出していた相澤仁美、アバンギャルドの北村ひとみ、イエローキャブ(応募時。現:スイートルーム)の草場恵(同年『ミスマガジン2006』読者特別賞も受賞)、オスカープロモーションで美少女クラブ31のメンバーとして活躍していた原幹恵と全員が90センチオーバーのバストを揃えてファンの度肝を抜いた。

1995年、青木裕子や坂木優子などが登場し、水着姿の写真集が改めて人気を得た。トピックとして、女性雑誌においてもツーピース水着の特集回数がワンピース水着を上回った。フジテレビVQでは華原朋美、榎本加奈子、遊井亮子、秋本祐希が選出されている。

現代は、90cmオーバーの巨乳を持つ女性アイドルも珍しくなくなった。中には根本はるみや愛川ゆず季等のように100cmを越えるバストを持つものも現れ始めている。
アイドル水着画像 | - | -
グラビアアイドルのTV進出
グラビアは転換期に入ったと見ることができる。癒し系の系譜に入る吉岡美穂が『サントリーDハイ小町』及び全日本GT選手権『マリオレーシングチーム・キャンペーンガール』となり業界入り。この年に『トリンプ下着キャンペーンガール』、そして『レースクイーン・オブ・ジ・イヤー』受賞を経て本格的にテレビ業界に進出した。

CMに出たことで人気が急上昇し、第40回ゴールデン・アロー賞グラフ賞を受賞した。『ミスヤングマガジン』が講談社発行の漫画誌を統合した大型オーディションにリニューアル。最初にグランプリに選ばれたのは加藤未央。だが当人は大学進学を希望しグラビア活動を極力控えてしまったため、グランプリ受賞者がいきなりグラビアから遠ざかるという前代未聞の事態となった。

現在でも目立った芸能活動を続けているのはTBS系『スーパーサッカー』で白石美帆の後を受ける形でアシスタントとして芸能界復帰した加藤と芸能人女子フットサルチーム『ミスマガジン』でキャプテンを務める鎗田彩野ぐらいでとても成功したとはいえなかった。

原色美女図鑑枠。グラビアアイドルの次の一歩、みたいな書き方をしていながら、胸の谷間強調。でも丸谷嘉長の撮りは、原色美女図鑑らしい「高級な下世話」という雰囲気になっていて、見せ方としては面白い。特にグラビアとしての魅力はないが楽しめる。

『日テレジェニック』はイエローキャブから小野愛、アバンギャルドから藤川のぞみ、鈴木葉月らが選出。またテレビ朝日がフジテレビ、日本テレビに続き3つ目のテレビ局キャンペーンガールとして『テレ朝エンジェルアイ』の選出をスタート。第1期メンバーには石川恵理(現:石川エリ)、大沢安希、大城美和、樹里(同年第1回ミス・ヤングアニマルGIRLSコンテスト準グランプリ受賞)が選出されるも、いま1つ地味な感がぬぐえなかった。
アイドル水着画像 | - | -
夏川純 デビュー前にOL経験
今までの、地道なスカウト活動に加えて、他の業界や異業種からグラドルへ転身させるという手法が目立って出てきた。アイドルを最初から育てるのではなく、地味な活動でも、ある程度人前での露出に慣れている素材に注目し育てた方が、即戦力になるという判断が働いたものである。

『日テレジェニック』は元銀行員のお客様係というOL経験をもつ、アバンギャルドの田辺はるか、パチンコメーカーのキャンペーンガール・ミスマリンちゃんとしてデビューしていた大久保麻梨子、ティーン向けファッション誌出身で「美少女戦士セーラームーン」の舞台で人気を得た小松彩夏らが選出。

『テレ朝エンジェルアイ』には前述の小林恵美、こちらも、デビュー前にOL経験のあるアーティストハウス・ピラミッドの新人夏川純が選出された。いずれもグラビアより先に何らかの職業経験を積んでからグラビアの世界に参入してきた人材であり、この傾向は今後もグラビアにおけるもう1つの潮流となっている。

なお『テレ朝エンジェルアイ』は後発であったことや、起用したアイドルの反響が思いのほか少なかったことからこの年限りで廃止になっている。『ミスマガジン』では、グランプリに小阪由佳、読者特別賞に山崎真実、審査員特別賞に松嶋初音という純グラドルが選ばれたのに対し、『ヤングジャンプ制コレ』では森絵梨佳(「SEVENTEEN」)、平田薫(CANDy)等ティーンファッション誌モデル出身者が受賞。
アイドル水着画像 | - | -
グラビアアイドルとイメージガール
イベントコンパニオン派遣事務所は数多く存在しているが、場合によって各々が複数の事務所に所属し、各事務所から来た仕事を請ける形で働く場合もある。基本的には仕事の依頼主である広告代理店やメーカーにおいてオーディションを行が行われる。 現在は、オーディションを行うのは年間に何度も展示会に出展したり、イメージガールとして年間契約を行う場合や、大手メーカーや大手メーカーの依頼を受けた広告代理店が多く、ほとんどの企業は派遣会社から送付されるプロフィールやギャラによりコンパニオンを選択し決められる事が多い。

なお、イベントコンパニオン派遣事務所に所属するものの、派遣事務所の社員や契約社員になるわけではない場合が多い。1991年頃には、女性アイドルを扱った雑誌『BOMB』表紙では、それまでアイドルの顔写真が多かったものが、水着の全身に近い写真が増加した。当時アイドルとして人気絶頂だった宮沢りえが、突如としてヘアヌード写真集を発売。世間に与えたインパクトは非常に大きく、150万部のベストセラーとなり、これは芸能人写真集売上記録となった。

またオスカープロモーション所属のC.C.ガールズのような、セクシー路線に徹したアイドルグループも多数登場したが、当時はまだ「癒し系」という概念はなく、体に不釣合いであっても豊かなバストであることがポイントとなるなど、売り込む対象は一部の男性層に限られ、恒久的に持続する人気が得られているわけではなかった。1992年にフジテレビが自社キャンペーンガールとして『フジテレビビジュアルクイーン・オブ・ジ・イヤー(以下フジテレビVQ)』を創設。

グラビアで活躍するアイドルを毎年起用するようになり、翌1993年には内田有紀が選出されている。またこの年には集英社が自社発行のヤングジャンプ誌上で『ヤングジャンプ全国女子高生制服コレクション』として「制服の似合うアイドル」をテーマにした誌上オーディションを開始。こちらは翌1993年に北村麻衣(現:宝生舞)がグランプリを受賞している。こうした流れは途中でいくつかの紆余曲折がありながらも21世紀に入った今日まで続いている。

JUGEMテーマ:芸能


アイドル水着画像 | - | -
尻ドルクイーン
グラビアアイドルは、テレビ番組で見せる極めて素人っぽいリアクションがウケて、グラビア界でもすぐさま取り上げられるようになり、新たな旋風を巻き起こすというケースが多い。またグラビアではなくいきなりイメージDVDを発売し好セールスを記録した長崎莉奈もそのギャルっぽい出で立ちとは裏腹なおっとりとした癒し系の雰囲気をかもし出す特異なキャラクターとして注目をされ始める。

またこの年の半ばあたりから突如ブレイクしたのはほしのあき。グラビアでは既に4年程前からおなじみの顔であったが、「最年長グラビアアイドル」というキーワードとそれを全く感じさせぬロリ顔、華奢な体型、「まるでウォーターベッドみたい(杏さゆり談)」という88センチの弾力のある豊満な胸元を大胆に露出するギミックで深夜番組を足がかりにTVでの露出が増え始めたところ、急激に知名度がアップ。

特に業界各所でほしのあきファンを公言し始める者が増え始め、芸人・長井秀和からは毎週のように持ちネタで「愛しのおっぱいエンジェル!!」と呼ばれ、芋づる式に人気が拡大。またキーワードに違わず、30歳近い年齢ながら惜しげも無く水着姿を披露して完成度の高いグラビアを堅持、その地位を確立した。彼女の活躍がグラドルの平均寿命を飛躍的に上げることになり、今の時代では本人のやる気と身体のメンテナンスを怠らなければグラビアでも活躍できる、という認識が広く生まれ、この後多くの高年齢グラドルが活躍の場を広げていくことになる。

またそれと並行しドラマなどでは本名の「星野亜希」名義で女優としても活躍。さらにグラドルの知名度貢献に一役買った。ほしのはこれらの幅広い活躍が評価され、翌2006年第44回ゴールデン・アロー賞グラフ賞を受賞。なおこの年の第43回ゴールデン・アロー賞グラフ賞は、これまでの幅広いメディア露出が評価された安田美沙子が受賞している。その他に大きな動きとなったのは「お尻」というヒットワードが生まれたこと。

その発端はこの年から本格的に芸能活動を再開した秋山莉奈で、『撮影の時に「お尻の形が綺麗だね」って言われることが多かった』と自らお尻を強調した水着写真集『楽園』をこの年の11月に発売すると、透けるような白い肌と淫靡な表情、大胆なポーズがクチコミで話題となり大ヒット。秋山は「尻ドルクイーン」という称号を貰い、他のグラドル(特に胸にあまり自信が無いグラドル)がこれに習いお尻を強調したグラビアを続々発表、グラビア界に新しい流れを生み出した。特にアバンギャルドのグラドルはロリータフェイスのタレントが揃っていたことでこの流れを派生した「ロリ着エロ」とも言うべきグラビアに挑戦。
アイドル水着画像 | - | -
レースクイーンの水着画像
プラチナムプロダクションからは全日本GT選手権(現:SUPER GT)のイメージガールとして若槻千夏、伊織、星野加奈、高杉さとみ(現:高杉さと美)が、アバンギャルドからはレースクイーンとして佐藤ゆりな、古谷沙織、田中かおり等が派遣された。この手法は直接的なコミュニケーションによってファンの支持を獲得しながらグラビア活動を本格化させて相乗効果を狙ったものである。

またアイドルファンが訪れることによって、レースクイーンの知名度も大幅にアップするという波及効果も生み出し、その中からグラビアアイドルに転進する者もそれまで異常に増えたことで一定の成功を収めている。この年をきっかけに、サーキットはまだあまり知られていない新人グラビアアイドルと直接触れ合える場所として認知されるようになった。

またグラドルの老舗イエローキャブでは根本はるみ、小林恵美ら新人グラドルを使って『R.C.T.(あーるしてー。R指定にかけたもの)』というセクシー系アイドルグループを結成したが、こちらは一時代前の手法でアピール度が薄かったこともあり、ほとんど成功を収められなかった。彼女のDVDがすごく魅力的で、写真集発売を熱望していたのですが、どうもグラビアに撮られ負ける部分があって、仮に発売されるにしても不安な点があったのも事実。

その辺の弱さからか、写真集の発売は大分待たされましたが、ようやくこの夏1stが発売。舞台で見たこともあって、不安を乗り越えてとりあえず購入してみました。衣装としては水着が多いんだけど、何かを上に羽織ってとか、直球の水着写真がほとんどない。撮影ロケーションも室内とか学校とかばかりで、海岸で水着で、というスタンダードな写真がないのが残念。
アイドル水着画像 | - | -
グラビアアイドルの変遷
斉藤由貴、相楽晴子、細川ふみえ、高岡早紀と次々と有名アイドル・女優・歌手を輩出した。9年間続いた後一時中断したが、1996年に主催を青年漫画誌の週刊ヤングマガジンに移し「ミスヤングマガジン」として復活。グランプリ1名と準グランプリ数名という選出方式に変更される。なお第1回ミスヤングマガジンはグランプリ受賞者が2名という異例の事態が起こっている。

主な受賞者として山田まりや、浅田好未(パイレーツ)、山川恵里佳、杏さゆりなどを輩出。2001年以降は週刊少年マガジン・週刊ヤングマガジン両誌共催のミスコンテストに拡大。これに伴ない名称も「ミスマガジン」に戻し、受賞者もグランプリ、ミス少年マガジン、ミスヤングマガジン、審査員特別賞、読者賞と主要5部門で1人ずつ選出するようになり現在に至る。

安田美沙子、中川翔子、和希沙也、岩佐真悠子、夏目理緒、瀬戸早妃、山崎真実、時東ぁみ、北乃きいらを輩出している。2003年以降から、グランプリ受賞者はTBSテレビ「開運音楽堂」(土曜4:45〜、関東ローカル)のアシスタントMCとしてレギュラー出演が与えられる様になった。

この番組でTV初レギュラーをまず一年間経験すると言うパターンが定番化している。因みに出演当初と卒業時を比較して見てみると、トークやパフォーマンスの向上に一定の成長を感じられる。ミスマガジン2003メンバーで2004年8月に、BMGファンハウスからCD「ユウキ」(「バーチャファイター サイバージェネレーション」主題歌)も発売された。
アイドル水着画像 | - | -
スポンサードリンク
Categories
Search this site :