スポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
グラビアアイドルとイメージガール
イベントコンパニオン派遣事務所は数多く存在しているが、場合によって各々が複数の事務所に所属し、各事務所から来た仕事を請ける形で働く場合もある。基本的には仕事の依頼主である広告代理店やメーカーにおいてオーディションを行が行われる。 現在は、オーディションを行うのは年間に何度も展示会に出展したり、イメージガールとして年間契約を行う場合や、大手メーカーや大手メーカーの依頼を受けた広告代理店が多く、ほとんどの企業は派遣会社から送付されるプロフィールやギャラによりコンパニオンを選択し決められる事が多い。

なお、イベントコンパニオン派遣事務所に所属するものの、派遣事務所の社員や契約社員になるわけではない場合が多い。1991年頃には、女性アイドルを扱った雑誌『BOMB』表紙では、それまでアイドルの顔写真が多かったものが、水着の全身に近い写真が増加した。当時アイドルとして人気絶頂だった宮沢りえが、突如としてヘアヌード写真集を発売。世間に与えたインパクトは非常に大きく、150万部のベストセラーとなり、これは芸能人写真集売上記録となった。

またオスカープロモーション所属のC.C.ガールズのような、セクシー路線に徹したアイドルグループも多数登場したが、当時はまだ「癒し系」という概念はなく、体に不釣合いであっても豊かなバストであることがポイントとなるなど、売り込む対象は一部の男性層に限られ、恒久的に持続する人気が得られているわけではなかった。1992年にフジテレビが自社キャンペーンガールとして『フジテレビビジュアルクイーン・オブ・ジ・イヤー(以下フジテレビVQ)』を創設。

グラビアで活躍するアイドルを毎年起用するようになり、翌1993年には内田有紀が選出されている。またこの年には集英社が自社発行のヤングジャンプ誌上で『ヤングジャンプ全国女子高生制服コレクション』として「制服の似合うアイドル」をテーマにした誌上オーディションを開始。こちらは翌1993年に北村麻衣(現:宝生舞)がグランプリを受賞している。こうした流れは途中でいくつかの紆余曲折がありながらも21世紀に入った今日まで続いている。

JUGEMテーマ:芸能


アイドル水着画像 | - | -
スポンサーサイト
- | - | -
スポンサードリンク
Categories
Search this site :